避妊していても性感染には要注意

性感染と避妊は別物

普段からピルを服用している人にありがちなのが、「避妊しているからゴムしなくてもOK」と思っているケースが多いということです。
確かにコンドームには避妊できる効果が期待できます。さらに女性側もピルを服用しているのであれば、99%避妊できるでしょう。
しかしだからといって、「たまには生でセックスしてもいいんじゃないか」という考えはいけません。
もしかしたら、どちらかが性感染の元となる細菌を持っている可能性もあるのです。コンドームは避妊だけでなく、感染症を防いでくれる役割もあるということを把握しておきましょう。

避妊と感染は別物です/h2>

避妊は望まない妊娠を予防してくれます。コンドームの着用は望まない妊娠を防ぎ、さらに性感染症を予防してくれます。
つまり女性が普段からピルを服用して、男性がセックスのたびにコンドームをつけていれば避妊効果も高まり感染も予防できるのです。

そもそも性感染症とは何なのか?性感染症とは、セックスによって人から人へ移っていく、病気です。
主に男女の性器に症状を発症して、イボができたりかゆくなったりとさまざまな症状を発症していきます。
有名な病気をあげるとするなら梅毒やクラミジア、尖圭コンジローマ、カンジタ症といったものがあります。
どの病気も自然治癒しません。特に女性の場合は無症状の時もあるのです。無症状では特に痛くもかゆくもなく、織物が少し異変が起きるだけといったケースもあり「体調がおかしいのかな」程度にしか感じない人も。
そのため大変危険なのです。知らず知らずのうちに、たくさんの人へ病気を移している可能性もあります。

性感染症はコンドームで解決

性感染症を予防するためには、コンドームが絶対的に必要です。一番確実な予防法で、避妊も期待できます。
そのためパートナーから「ピル飲んでるなら大丈夫でしょう」みたいな態度を取られたとしても、性感染したくないという意味も込めてコンドームの着用を促すのが得策です。
男性の中には、コンドームをズボンのポケットや財布に入れている人もいます。しかし中で擦れてしまい、穴が開いている可能性が非常に高いため注意が必要です。
パートナーが財布やポッケから出したコンドームは、なるべく使わないようにしてください。