確実に避妊できるわけじゃない?避妊失敗例

避妊できる成功率

緊急避妊薬は、100%避妊できるわけではありません。あくまでも避妊の最終手段のため、「避妊薬があるから大丈夫だよ」と安心しきってしまうのはNG。
ここでは緊急避妊薬を服用した人で、失敗した例を紹介していきます。服用のタイミングが間違っていたり、吐いてしまった吐しゃ物に薬が混じったりしていることに気付けずそのまま妊娠してしまうことも。
せっかく避妊するために、病院やクリニックで診察を受けたのに妊娠してしまっては意味がありませんよね。
そんな予期せぬ事態を引き起こさないためには、失敗例もあるということを把握しておきましょう。

失敗例をチェック

アフターピルを服用したにもかかわらず、失敗した人の中の失敗例として多く見られるのが服用するタイミングです。
避妊に失敗した時、さまざまな理由で病院へ来るのが遅れてしまう人がいます。そのためか緊急避妊薬を服用するのが、かなり遅れてしまい望まない妊娠を経験することも。
服用するタイミングは、避妊が失敗したセックスから72時間以内です。72時間といっても「それまでに飲めば確実に避妊できる」というわけではありません。
時間がすぎるほど、どんどん避妊率が下がっていくので本当は24時間以内が理想的といわれているのです。

また薬の副作用である吐き気に耐えきれず、そのまま嘔吐してしまいその中に薬が入っていることに気付かず避妊に失敗することも。
そのため服用してから2時間以内に吐いてしまった人は、もう一度服用したほうが良いといわれているのです。

一緒に服用すると効果が下がる薬

服用のタイミング、吐いてしまったという失敗例の他にも結核の薬やてんかんの薬、抗エイズウイルス薬といったものと併用するのはNG。
緊急避妊薬の効果が発揮できない、または薬の効果を半減させてしまいま。
このような薬を飲んだことがある、または服用している人は処方される前に必ず医師に相談しましょう。

確実に避妊するならピルとコンドーム

緊急避妊薬は、あくまでも避妊の最終手段です。避妊できる確率も100%ではないため、望まない妊娠をしたくない場合には普段から避妊をしておくのが大切。
女性は低用量ピルの服用をしておく。パートナーにもコンドームの着用をお願いするなどしてお互いに協力し合って避妊するのが大切です。
もしパートナーがいない人でも、普段から避妊をしておけば知らない男性に襲われても安心です。
自分の身体は自分で守っていきましょう。