妊娠検査薬を使って避妊できたかチェック

妊娠検査薬で避妊をチェック
緊急避妊をする際には、専用のアフターピルを服用する必要があります。しかし、服用している人あるいは初めて服用する人にとっては、きちんと効果を発揮できているのか実感がわきませんよね。
いくら避妊できる薬だからといえ、見た目だけでは自分がちゃんと避妊できたのか分からない人も。
そんな時には妊娠検査薬を使ったり、生理が来たか確認したりという方法があります。
「時間内に飲んだのに避妊できたか分からない!」と焦る前に、自分でチェックできる方法を把握しておきましょう。

避妊できたか分からない時には

緊急避妊薬、またはアフターピルと呼ばれているものは72時間以内に服用する必要があります。日本ではノルレボという薬が主流ですね。
72時間以内というのは、中出しセックスした後の72時間です。もっとも避妊率が高いのは、24時間以内に服用すること。
中出しされてから1日たつかたたないかくらいに服用すれば、95パーセントの確率で避妊できるといわれています。

しかし服用した後には、どのようにして避妊できたかを確認すればいいのでしょうか。そんな時には、妊娠検査薬を使用するという方法があります。
性交後の3週間後に使用してみてください。
避妊できていない場合には、判定という場所に縦線が入ります。しかし避妊できているケースでは、判定の箇所には何も線が入っていません。
線自体が薄くて判断しづらい時には、早急に使用した検査薬を持ってレディースクリニックや産婦人科、婦人科へ行きましょう。
医療現場にあるエコーを使って判断したほうが、確実です。
もちろん妊娠していた場合も同様です。

生理がきたら避妊成功

もちろん避妊できているかどうかを確認するのは、妊娠検査薬だけではありません。
緊急避妊薬服用後に、通常通りに生理が来ていれば避妊成功です。
しかし実は不正性器出血による血なのか、妊娠初期に見られる出血なのか区別がつかないパターンも。
そのため緊急避妊薬を服用した後に、サラサラとした血であれば不正出血の可能性があります。生理の血はドロッとしていますよね。
「いつもと違う血の気がする」と感じたら、避妊薬を処方してもらった場所へ行き医師に診てもらいましょう。
また出血はしているけれどなんとなく不安に感じる人は、妊娠検査薬を出血後に使用するという方法もあります。