緊急避妊薬が薬局で買えない理由

避妊薬と薬局の関係

「避妊のタイムリミットがあると焦る」
「常備薬として持っておきたい」
「知らない男性に襲われたらどうしよう」
そんな不安を抱えている人は多いハズ。望まない妊娠を防ぐためには、一刻も早く緊急避妊薬を飲まないといけませんよね。
しかし緊急避妊薬は、病院やレディースクリニックで処方されているのが一般的です。
医療用医薬品に該当する緊急避妊薬は、薬局では買えません。しかし海外では低用量ピルを始め、緊急用の薬も薬局で販売しています。
なぜ日本では、海外と違って薬局で買えないのでしょうか?さっそくチェックしていきましょう。

避妊薬が手軽に買えないワケとは

緊急避妊薬は、望まない妊娠を対策できる唯一の最終手段です。恋人とセックスをするのも、白昼堂々に行なう人は少ないのではないでしょうか。
大半の方が夜ですよね。
しかし間違って中に出されてしまった場合、夜間に救急で病院へ行くのが恥ずかしいと思っている人もいるはず。しかしだからといって、市販で買うこともできません。

国内の専門家は、緊急避妊薬を市販薬品にしてしまうと濫用や転売、コンドームをして避妊をしないことで性感染症患者が増加する可能性があるとして市販化に反対しているのです。
専門家と世論との意見は真っ二つに分かれていて、世論は市販化して欲しいという声があるにもかかわらず専門家は断固として反対している人ばかり。
また署名活動に参加する女性も少なく、他人事だと思っている方が多いということもあり専門家の意見に沿っているのが現状なのです。

海外では一般市販薬

緊急避妊薬を市販化している国は、日本を除いて50ヵ国以上存在しています。欧米をはじめ、ヨーロッパ各地、オーストラリアといった主要国は当たり前かのように販売されているのです。
日常的に通う薬局に、緊急避妊薬が置いてあると薬の認識度もグッと上がります。そこが日本と海外の違いともいわれているのです。
日本人はそもそも避妊方法について詳しく理解している人が少なく、コンドームをすれば大丈夫と過信している人ばかり。
そのため避妊に失敗すると、どうしていいか分からずそのまま妊娠していることに気付けない人も。
妊娠していると気づいたころには、もう中絶できないところまで発育しているケースもあるのです。
国内で市販化をするには、緊急避妊薬についての認識を高めることからスタートする必要があるとまでいわれています。